今年最後の古本市は11月19日(土曜日)です。

*****

新型コロナ感染情報

日本に入国・帰国する際、11月1日からはVisit Japan Webで検疫(ファストトラック)手続きの登録が可能になります。但し、11月1日の開始直後はVisit Japan Web(以下VJW)の審査の混雑が予想されるため、厚生労働省では11月5日までに入国する場合は10月中にMySOSから登録を完了させる事を推奨しています。なお、11月13日までに入国する場合、10月中はMySOSでの登録が可能ですが、11月14日以降はVJWに一元化。新規に検疫情報を登録する際、入国日によってMySOS、VJWの利用は以下のように分かれることになります。

10月31日まで MySOSのみ
11月1日~13日 MySOS、VJWどちらも可(11月5日まではMySOSを推奨)
11月14日以降 VJWのみ

ファストトラックの登録についてはこちらをご覧ください。また、VJWについてはこちらをご覧ください。

感染が疑われる入国者•帰国者を除き、入国時の検査、入国後の待機などが廃止される一方、ワクチンの接種証明書(3回)又は出国前72時間以内に受けた検査の陰性証明書のいずれかの提出が引き続き必要です。日本の水際対策の詳細はこちらをご覧ください。コロナに対する水際対策は常に更新されています。日本へ行かれる際は、外務省のウェブサイトをご参照ください。
米国入国の際の陰性証明書の提示義務は、2022年6月12日に撤廃されました。詳しくはこちらをご覧ください。
米国政府はワクチン接種及び追加接種を生後6カ月以上の方に推奨しています。CVSSafewayWalgreensPharmaca加州公衆衛生部門、かかりつけの医師•医療機関等でオミクロン対応ワクチン接種の予約が取れます。新型コロナのワクチン接種は健康保険の有無に関係なく全て無料です。

ひまわり会は、イーストベイに拠点を持つ日本語を話す人が交友の輪を広げるNPOグループです。日本文化を接点とし、お互いに助け合いながら、より豊かな人間関係を築き、アメリカ生活の充実を目指します

1971年に日本人渡米者の相互援助を目的に日系社会およびNPO湾東国際協会(旧IIEB)を核心として発足しました。現在は、移民サービスを提供する Immigration Institute of the Bay Area (IIBA) の一部としてボランティアにより機能する501(c)(3) 非営利団体です。

SF Bay Area、特にイーストベイを中心に、教育、社交、基金募集等の各種活動・行事やニュースレターの発行を日本語で行なっています。アラメダ・カウンティーおよびコントラコスタ・カウンティーにおける月例のアウトリーチ活動等も行っています。どなたでもいつからでも会員になる事ができ、一般の方もひまわり会の行事に参加していただくことが出来ます。
会員には、会員限定のイベントご招待やイベント参加費の割引・援助などの特典があります。

入会希望
お問い合わせ
パンフレット
ニュースレター最新号