お知らせ

8月の古本市はキャンセルしました。

8月は気功体操
毎週木曜日10:00~11:30 amにZoomを使って行います。
参加希望の方及び詳細は、sangoh35@gmail.com
または510-435-4017までご連絡ください。

Black Lives Matter勉強会を8月15日(土)午後1時からZOOMで開催します。詳細および参加申し込み方法は、イベントカレンダーの8月15日のワークショップをクリックしてご覧ください。

Qigong class will be held via Zoom every Thursday
from 10:00 to 11:30 am through August.
Please contact Sango at sango35@gmail.com or
510-435-4017 for more info and to participate.

* * * * *

6月19日からカリフォルニア州では、
外出時のマスクの着用が義務化されています。

マスク着用をしない場合は、店内へ入ることやサービスを受けることを拒否されます。
詳しい内容はこちらでご覧ください。https://www.yomiuri.co.jp/world/20200619-OYT1T50260/

* * * * *

ひまわり会は、6月3日にUCSF分子生物学・免疫学研究員の石山賢一氏を迎え、「COVID-19と免疫」というタイトルでZOOMセミナーを行いました。

スライドを用いて約50分に渡り一般向けに分かりやすく解説し、その後聴視者からの活発な質問に答えていただきました。

ここでは、私たちの日常生活に関わる質疑応答の内容を簡単にまとめます。詳しい報告はニュースレターをご覧ください。

Q1. 新型コロナに対する抗体は、感染した場合でも体内で長く存在しないという発表があった。ということは、ワクチンが開発されて予防注射をしてもその効き目は長続きしないということなのか?
A1. 感染による体内での抗体産生には個々人の複雑な免疫環境の違いが影響しているので、これまでの新型コロナ感染症の知見からワクチンの効果を予測することは適切ではない。ワクチンは実験的・臨床的な検証を経て作られるので、一般的には抗体価が持続するワクチンが市場に出てくることが期待される。

Q2. 外出の際にウイルスが衣服や靴について、感染することはあるか?
A2. これまでに汚染表面からの感染が実際どれくらいあったかは分かっていない。感染者の咳やくしゃみによる飛沫で拡散したウイルスは数時間から数日は生存することがあり、衣服や靴に付着した場合は感染源にはなりうる。そのため、人との密な接触があった場合は洗濯や消毒などによって衛生に保つことは大事である。

Q3. 冷凍食品などにウイルスがついた場合、ウイルスは冷蔵庫や冷凍庫でも生き延びることができるのか?
A3. 新型コロナウイルスは、熱には弱いが寒さには比較的強いので、冷蔵庫や冷凍庫で長期間生き延びることは考えられる。ただし、アメリカCDCは、表面や物についたウイルスによる接触感染は主な感染経路ではないとの見解を最近発表しており、衛生的なスーパーなどで買ったものに対してそこまで神経質にならなくてもいいのではないか。何れにしても、手洗いは接触感染の大きな予防になる。

確立された治療法やワクチンがない現段階では、なるべく外出を控え、外出時のマスク着用、ソーシャルディスタンシングの実践、入念な手洗いなどが一番の新型コロナウイルス対策方法です。

* * * * *

在アメリカ日本国大使館が発信している、新型コロナウイルスの情報ページは:
https://www.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid-19.html

在サンフランシスコ日本国総領事館が発信している新コロナウイルスに関するカリフォルニア州•ネバダ州の最新情報は:
https://www.sf.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/pr_anzen.html

The National Asian Pacific Center on Aging (NAPCA)が日本語で新型コロナウイルスの情報が聞ける電話番号を提供しています。
1-800-398-1117

マスクの着用と手の清潔、社会的距離(ソーシャルディスタンス)の保持が、一番の予防方法です。

* * * * *

ひまわり会は、イーストベイに拠点を持つ日本語を話す人のネットワーキンググループです。日本文化を接点とし、お互いに助け合いながら、より豊かな人間関係を築き、アメリカ生活の充実を目指します

1971年に日本人渡米者の相互援助を目的に日系社会およびNPO湾東国際協会(IIEB)を核心として発足しました。現在は、移民サービスを提供する Immigration Institute of the Bay Area (IIBA) の一部としてボランティアにより機能する501(c)(3) 非営利団体です。

SF Bay Area、特にイーストベイを中心に、教育、社交、基金募集等の各種活動・行事やニュースレターの発行を日本語で行なっています。アラメダ・カウンティーおよびコントラコスタ・カウンティーにおける月例のアウトリーチ活動等も行っています。どなたでもいつからでも会員になる事ができ、一般の方もひまわり会の行事に参加していただくことが出来ます。

入会希望
お問い合わせ
パンフレット
ニュースレター最新号