花かごは“日本語で遊ぼう”の会です。子供の頃の思い出や日頃考えている事を文章にするのは頭の体操になります。ひまわり会の会員でない方でも、 どなたでも自由に参加できます。当日集まりに来られない方でも 作品を郵便かemail でお送りください。

日時:  毎月第2水曜日 午後1時から3時

参加費: 1ドル

場所:  Richmond Annex Senior Center   5801 Huntington Ave. Richmond

問い合せ: マリコ 510−528−0600 marikowh@gmail.com
カズコ 415−931−3997 kazuko2@comcast.net

****************************************

短歌・川柳・俳句

孫の目の学ぶ喜びかがやしさ (玲子T)

陽だまりが恋しくなる秋の道 (年子W)

テーブルに柿が醸する和の景色 (和子T)

冬なのに元気なトマト実につけて (純子K)

大空や車椅子ひくリトリーバー (キミエH)

あれっわたしどこに何しに来たのかな (ヤスコS)

夕焼けに向かいて思う昔日を山川田圃遊んだ友を(和子G)

エッセイ

「当世風 音楽の聴き方」        ハルミ・マリコ

昔、蓄音機というのがあった。ハンドルをぐるぐると巻いてその反動でターンテーブルをまわす手動式のレコード・プレーヤーだ。途中で馬力がなくなるとスピードが落ち、力の抜けた間延びした音になったものだ。やがて、電化製品の普及と共にステレオやポータブルのレコード・プレーヤーが人気を呼んだ。テープレコーダーも発達し、カセットテープが出回った。しかし、